うちの2歳児
いつも「うちの1歳児」と表現していた長男、2歳児になりました。





夫の実家でお祝い。
ろうそくが吹き消す前に勝手に消えて、夫が爆笑。寝起きの息子は訳が分からず不機嫌(笑)
ちなみにケーキはほとんど私が美味しくいただきました。ごちそうさまでした。
息子も少し食べましたが、美味しさのあまりくるくる回ってました。ちなみに夫は乳製品が嫌いなので生クリームはアウト。





ケーキの上に猫を乗せたのは、やはり長男が猫に育てられたから。
本当、猫がやってくると歓声をあげますし、猫と同じことしようとします。
この頃、やっと「にゃんにゃん」と言えるようになりました。
テレビ画面で猫を見ると騒ぐので、「ほら、にゃんにゃんだよ」とテレビを指さすと、息子は傍の愛猫を見る。
うん、まぁ、そっちもにゃんにゃんだ。

スポンサーサイト
別窓 | 暮らし | コメント:0 | トラックバック:0
201703010039
<<『クラシック・ピアノ名曲便覧』 | 猫草物語 | 雑誌『うかたま』>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL



TRACKBACK
| 猫草物語 |
2006-2017 template by [ALT -DESIGN@clip].