『といれ』新井洋行著
今月の絵本はこちら。

『といれ』




そろそろトイレトレーニングも意識しなきゃということで、選んでみました。

内容はとてもシンプルで見開きでトイレの様子が可愛らしく描かれます。
子どもにとってはトイレすら冒険になるのかもしれません。




スポンサーサイト
別窓 | 読書 | コメント:0 | トラックバック:0
201611272317
『はらぺこあおむし』エリック・カール著
今月の息子への絵本。

『はらぺこあおむし』




絵本の金字塔的な存在なんでしょうね。
実は私、これを読んだことがありませんでした。
本屋に勤務しているときも、この表紙のあおむしが怖くて手に取ることもなく。


けれど、これだけ人々に愛読されているには理由があるはず、と思い切って購入。
息子と一緒に読むと、すぐに好きになりました。


汚損に強いボードブック版を購入しましたが、鮮やかな色彩をめいっぱい楽しみたいなら大型版のほうがいいのかもしれません。ボードブック版はこぢんまりとしたサイズです。
けれど、穴が開いていたり、ページの大きさが違っていたり、すごく楽しい。
色彩で視覚も楽しく、物語で味覚も刺激し、穴が開いていることで触覚も面白い。
なるほど、これは人気出ますわ。


なんだか、読むにつれて表紙のあおむしが可愛らしく見えてきたのでした。
息子より私が絵本を楽しんでいるような気がします。




別窓 | 読書 | コメント:0 | トラックバック:0
201611262204
『14ひきのあさごはん』いわむらかずお著
毎月2冊、絵本を買うことにしました。

石田衣良氏の『月に1度2冊の文庫を本屋で買おう』という運動を知って以来、そうしようとは考えていたんです。
けど、まだ長男がなんでも口に入れるのでもう少し育ってからかなぁとのんびりしていたわけです。
しかしながら、1歳6ヶ月検診で絵を見て指差しできない長男を見て思った。

『ぶーぶー』どれ? なんてきかれても、わからなくて当然。
だって、我が家の誰も『ぶーぶー』なんて言う人いないんだもの……。
でも、それ以前に、もっと絵本を見せたり、駐車場に停まっている車を見ているときにでも話しかけたり、できることはあったと反省したわけです。

できれば本は大切にしたいけど、それよりもまず体験してもらうことを優先させようと決めて、壊される覚悟で絵本を買うことにしたわけです。
今までいただいた本や実家から送ってもらった本に加えて、新しく追加していくことに。


最初の月、つまり先月買ったのは3冊。
そのうちの1冊が『14ひきのあさごはん』





14ひきシリーズの2作目かな? 私は『ひっこし』が好きなんですが、ご飯というものに親しんでほしくてまずはこちらを選びました。
息子は口に入れて遊びたい欲求がまだまだ強いので、物語には最初は見向きもしませんでしたが、1ヶ月近くたった現在ではじっと絵に見入っています。パンを指差したりもします。


その姿を見て、もっと早くから触れさせてあげればよかったなって本当に思いました。
絵本をじっと見つめている姿って、なんだか彼から見えない芽がたくさん伸びていくように錯覚します。
本を大切にすることも教えつつ、私も一緒に楽しめばいいやって、なんだか肩の力がちょっと抜けたような気がしました。

別窓 | 読書 | コメント:0 | トラックバック:0
201611212136
ゑびす講がきたから冷えますよ
久しぶりの更新です。





みんな元気は元気ですが、小町と凪に顎にきびが発生したり、姫に目薬が必要だったり、なんかかんかありますね。
顎にきびって初めて見ました。顎のところに黒いつぶつぶができるんですよ。
色々試しましたが、今のところ、ぬるま湯で濡らしたガーゼで拭いて、から拭きが一番効果ありそうな。
でもすぐには治らないんですね。根気よくやっています。ちなみにコットンでは駄目でした。やはりガーゼなんですな。





そうそう、長男も少しずつ食べられるものが増えてきました。
大人と同じメニューになってくれたら楽なんですけどね。





長男のテレビ鑑賞を邪魔する小町。
凪と小町はテレビ好きです。





北海道にいた頃は「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉どおり、秋の彼岸が終わったら冬って感じでした。
こちら群馬では昨日今日とゑびす講をやっておりまして、それが過ぎれば冬がくるそうな。
ゑびす講を境に暖房器具を出したりするんですって。へぇ。
それでもこちらの冬は雪がないだけ過ごしやすいです。水道が凍結する危険性もないし。ありがたや。


そろそろ外で洗濯物を干せなくなりますかね。
と思ったら、今日ベランダに蜘蛛の子が大量発生していたので、今年はもうエブリディ部屋干しにしようと決めました。
きっとベランダのどこかで生まれたのね……。

別窓 | 暮らし | コメント:0 | トラックバック:0
201611201536
| 猫草物語 |
2006-2016 template by [ALT -DESIGN@clip].