スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
何故『シン・ゴジラ』を繰り返し観てしまうのか
息子の催促で連日『シン・ゴジラ』を観ているうちに、どんどん火がついてじっくり観察するように私ものめり込んでおります。
ネタバレ満載ですから、ご注意を。


庵野監督って想像力の火種を散りばめるのがうまいんだと思っています。
たとえば交差点を歩いている人並みを見ても、ある人はアイロンがけに失敗して不機嫌だったり、ある人は失恋してまぶたが腫れているかもしれない。その他大勢で片付けられるような中にも、一人一人に個性と思考と人生のドラマがある。
そういう、一見当たり前のことを劇中でさりげなく再現するんですね。名前もセリフもない役でも、生きているし、小道具でもうまく背景にあるものをリアリティとともに表現してしまう。





上の画像は高橋一生さん演じる安田が「こんなんありかよ」とPC持って走り、尾頭さんに「ごめんなさい」と謝罪する場面ですが、その後ろで安田の真向かいの席にいる男性が、引っ張られたPCコードをきちんとまとめてあげてるんですよね。初見ではまず目に入らないであろうところに、単なる脇役にリアリティを持たせるあたりが好き。
核攻撃が決まったとき、袖原の後ろで机を叩く人もいましたね。顔も映らずピントも合っていないけれど、セリフがあるより心に響く。


牧元教授の顔写真、電器屋のテレビ画面、枚挙に暇がないですが、こだわりとリアリティの工夫を探し出すのが面白くて、ついつい何度も観てしまいます。
庵野監督のメッセージや遊び心がまだどこかに隠されているんじゃないかって、思っちゃう。


ちなみに私のお気に入りは津田寛治さん演じる厚労省の森課長。
泉ちゃんが集めてきた骨太のまとめ役。
カヨコがゴジラ情報を持ってきたとき、写真を撮ろうとする安田を止めていたし、モラルはあって冷静でもあると思う。
あの一癖も二癖もある人たちをまとめ上げられる器の大きさを泉ちゃんが認めてるってことなんだから、すごい。
巨災対が避難するとき、みんなに指示を出して自分は最後に女性職員のダンボールを持ってあげながら逃げるところで「好き」ってなったんですけど、カップ麺に手を合わせて「ごちそうさま」ってお辞儀しているあたり、最高ですよね。
霞が関のはぐれものだけど、絶対家ではいい夫であり、父なんだろうなって伝わります。





森課長がおにぎり片手に妻子の画像を待ち受けにしたスマホでメールを送る場面がありますが、すっごく手つきが不慣れ。
手書きのメモ帳を愛用だし、PCの周りに手書きの付箋張ってるし、アナログ人間な機械音痴かも。
メールもやたら下書きばかりで、なかなかうまく送れない模様だったし。
そんな彼が「よし!」と送ったメールには『昨日も帰れなくてごめん。はやく二人の顔が見たいな』しかも顔文字つき。
ちなみに奥さんの名前は尚子らしい。


帰れなかったのは仕事に必死だっただけではなく、千葉か埼玉あたりにマイホームあって通勤に時間かかるからで、奥さんたちは無事だった、とかいう裏設定だったらいいなぁ。笑
森課長のほのぼの親子二次創作あったら、ご一報ください(真顔


庵野監督の作品って考察したくなりますよね。
なんだか「人間ドラマとか恋愛入れてたら尺が足りないから、各自好きに妄想して補填してください」って言われてる気さえします。


石原さとみさん演じるカヨコもね、最後のほうになるとネイルが剥げてるんですよね。
そこにさりげなく緊迫した日々だったことが現れてるのが好きです。


そして来日したとき、お友達のパーティーからまっすぐ飛んできた彼女は、ダイヤのイヤリングをしていました。
しかしその次に登場するときからずっとパールのイヤリングになるんですよね。
日本のお葬式だと、基本的に結婚指輪以外はアクセサリーはダメだけど、涙を連想させるパールは身につけますよね。
アメリカの喪服事情は知らないけれど、哀悼の意もあるのかな。そうでなくても、非常時の緊迫性と共に、TPOをわきまえる性格も出てるなと思います。


そんな彼女のイヤリングはゴジラが凍結したラスト、矢口と二人で話すときにはダイヤのイヤリングに戻っている。
日常に戻った象徴なんでしょうけど、あのダイヤのイヤリングはパーティーにつけていったものでしたから、カヨコが自分をより華やかに美しく見せるために選ぶもので、それを身につけて矢口に会いに行ったということから下手に恋愛要素がなくても十分妄想はかどりますわ。


それぞれのメガネも個性に合ってていいなぁと思います。
あとはネクタイの良し悪しがわかれば、もっと楽しめそう。


小道具好きに庵野監督作品はたまらん、ということがよくわかりました。

スポンサーサイト
別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0
201712112100
映画『シン・ゴジラ』とインク
映画『シン・ゴジラ』が地上波初放送ということで、録画したものを観ました。
夫、映画館に6回も観に行ってBlu-rayも買ってあるのに、それでも録画予約してるという。
2歳の息子もゴジラが大好きなので、親子で鑑賞。


ヱヴァQのときも思ったけど、庵野監督って絶望感を描き出すの、天才的ですね。
しかもカメラワークというか、視点の切り替えがすごくいいなぁと思います。
『シン・ゴジラ』でも際立ってましたねぇ。
巨災対メンバーの登場シーンでカメラワークとセリフだけでメンバーのイメージ説明が数秒で終わってしまうところ、好きです。まるでコミックのコマ割りを思わせるコミカルさだなぁ、と。

それに、登場人物の矢口蘭堂が立川に着いたところが好きなんです。
カメラが手持ちなのかな、画面がすごい揺れてるんですよね。
だけどパソコンを設置するワンカットなど矢口が映らないところは固定。
で、また矢口が映って画面が揺れ、泉という登場人物が水を差し出すまでずっと荒いカメラワーク。矢口の心情とうまくシンクロしてるなぁ、と。
こういうところはアニメではなく実写ならではの良さなのかなぁ、と観ていました。

ゴジラを見上げる場面もたくさん出てきますが、車で逃げながらゴジラを見上げる人、立ち尽くしてゴジラを見つめる人、走って逃げる人の気分になれて、いろんな視点があるもんだと思います。冒頭も波に揺られながら船上に立っている人の視線になってますもんね。カメラマンってすごいですねぇ。


あと、音楽がよかった! ぞくぞくしますね。
立川に向かう矢口が憤りを見せる場面はスローモーションであえて声がなかったのもよかったですねぇ。





個人的に気になったのは、矢口のデスクにあるペンがどこのものかってことでした。
ツイッターで呟いたら、○○が近い気がしますってリプいただきました。リプくださった方にブログに書く許可とってないんで○○と伏せておきますが、すごいっすね。





あとは牧元教授の万年筆のインクがどこの何色かってことも気になります。
これは特定難しいですよね。茶封筒に書いているし。
ただ、牧元教授の顔写真は岡本喜八監督なので、もし岡本喜八監督の好きだったインクだったりしたら鳥肌ものですわ。
もっとも、岡本喜八監督が万年筆を愛用していらっしゃったかは存じませんが、想像するだけで楽しい(笑)

船内に宮沢賢治の『春と修羅』が残されていた設定になっていますが、おそらく別の意味をこめているとは思っても、それでも宮沢賢治の好きだったらしいブルーブラックだったら嬉しいなとも思います。

でも、こういうのって知らないほうがロマンかもしれない(笑)

別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0
201711142204
手水舎
一家で地元のお稲荷さんにお参りしてきました。





なんとなく、手水舎が好きです。
神社で一番印象に残るのが手水舎なんですよね。





白狐さんもいます。





ここは大小様々な鳥居が並んでいるので有名らしいんです。
それが良いのかもしれない。けど、横から見ると思わず「揃えて!」ってむずむず(笑)
商売繁盛のご利益があるとのことで、必死にお願いしてきました。ええ、もう必死に(笑)





子供たちは元気です。
長男が絶賛イヤイヤ期でご飯食べてくれません。
次男はご飯食べ過ぎでどんなに食べても終わると大泣きするんですよね。
二人、足して割ったらちょうどいいのにと食事のたびに思います。

別窓 | 暮らし | コメント:0 | トラックバック:0
201710250116
『天盆』王城夕紀著
今年読んだ本の中で一番面白かったです。

『天盆』




将棋に似た盤上で駒を動かす『天盆』という架空のゲームが国を動かすという設定がまず面白い。
そして小国の動乱、天盆に賭ける情熱、なにより家族の絆が織物のように糸を絡めて物語を織りなしていくのです。

天才である主人公はほとんどセリフがありません。
なので、彼に天盆を教えた兄に感情移入する方は多いと思います。
それがまた、簡単には入り込めぬ境地にいる天才の稀代な存在感をよく表している気がします。

表紙絵は私の好きなイラストレーター禅之助さん。
なんだか主人公がそこにいるけれど周囲の人とは同じものを見てはいない、まるでナウシカのような人なんだとよくわかる横顔だと思います。




別窓 | 読書 | コメント:0 | トラックバック:0
201710062122
『三毛猫カフェ トリコロール』星月渉著
久々に読書の記録。
今回は星月渉著『三毛猫カフェ トリコロール』です。





web小説サイト『エブリスタ』に掲載されていた作品が書籍化したもの。
ライトな読み応えで気楽にページをめくれます。

三毛猫ばかりの猫カフェ『トリコロール』の店主一族の女性は代々不思議な力があって、物語は孫娘の幼馴染の視点で進みます。
親子や家族の絆と、それぞれの想いがほろりとさせてくれます。
猫を飼ったことがある人なら「そうそう、そんな動きするわ、猫って」って頷いてみたり。

個人的には好きですが、終盤の展開がちょっとあっさりしすぎているような。
それでもみんな笑っているなら、それでいい最後だったのかな、という気にもなります。

舞台は姫路。
物語の随所に出てくる姫路名物が美味しそうで、一度行ってみたくなりますね。

別窓 | 読書 | コメント:0 | トラックバック:0
201708262145
| 猫草物語 | NEXT
2006-2018 template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。